関西健康・医療創生会議。産学官の連携のもとに関西の智と技を集結し、健康長寿の社会をつくります。

ホーム > お知らせ

お知らせ

2022年度シンポジウム「コロナ対策の何が問題だったか」を開催いたします

開催趣意
このたびのコロナ禍は、ほぼ一世紀ぶりのパンデミックであり、日本は諸外国と比べても人口あたりの死者数はかなり小さく抑えているが、一方で医療のデジタル化の遅れをはじめ、既存の社会経済・医療・公衆衛生のあり方については課題も顕在化したといえる。
例えば、現在課題となっている保健所の在り方や検疫・PCR検査の充実、疫学研究の強化、自国ワクチン開発等は、実は2009年の新型インフルエンザでも指摘され、対応方針についても一定整備されていたにもかかわらず、充分活用されることがなかった。社会・経済活動がグローバルに再起動しつつある現在、今回得られた知見を活かし、特に生活圏が近接する関西全体で課題解決に取り組む意義は大きい。
このため、関西健康・医療創生会議では、過去3年間を検証し、今回何が問題だったのか、制度的・社会的観点から明らかにするとともに、解決に向けた提案を議論したい。

テーマ

コロナ対策の何が問題だったか

開催概要

開催日時
2023年2月6日(月)
13時〜15時30分
開催場所
ライフサイエンス・ハブ・ウエスト
大阪市中央区備後町4-1-3 御堂筋三井ビルディング4階
[MAP]
対象
経済界及び地方自治体、広く一般
定員
オンサイト:先着100名
オンライン:先着1000名(ハイブリッド開催)
参加費
無料
参加登録
参加をご希望の方は下のボタンよりお申し込みください(聴講無料)
※オンライン、オンサイト共通
募集定員に達しため、オンサイトでの参加の募集は締め切りました。
オンラインでのご参加は受け付け中です。
主催
関西健康・医療創生会議、(特非)関西健康・医療学術連絡会
共催
大阪大学感染症総合教育研究拠点、関西医薬品協会
後援
(公社)関西経済連合会、バイオコミュニティ関西
協力
(一社)ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
(特非)近畿バイオインダストリー振興会議


プログラム

開会挨拶
    • 橋本 信夫関西健康・医療創生会議副議長
    • 松浦 善治大阪大学感染症総合教育研究拠点長
特別講演
    • 久元 喜造 神戸市長
問題提起
    • 大竹 文雄大阪大学感染症総合教育研究拠点特任教授
一般講演
    • 「コロナ対策における専門家の役割」
    • 仲田 泰祐東京大学大学院経済学研究科及び公共政策大学院准教授
    • 「AIによるCOVID-19感染者・死者数分析」
    • 平田 晃正名古屋工業大学教授
パネルディスカッション
    • 進行:大竹 文雄大阪大学感染症総合教育研究拠点特任教授
    • 仲田 泰祐先生
      平田 晃正先生
      朝野 和典先生(地独)大阪健康安全基盤研究所理事長
閉会挨拶
    • 井村 裕夫関西健康・医療創生会議議長

お問い合わせ

関西健康・医療学術連絡会事務局
gaku-renrakukai@nifty.com